ポートフォリオはあなたの顔!作り方をご紹介します!|Hospital Nurse Jobs

ポートフォリオで自らを示す

クリエイティブな仕事に就きたいと考えている方でどのように求職活動をすればいいのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。もし、クリエイター業を志望しているのであれば、まずはポートフォリオを作って見るのはいかがでしょうか。ポートフォリオは、自分の作ったものを企業によりアピールすることが出来るものです。しかし、アピールの方法も間違えてしまえば、それは有効なポートフォリオにはなりません。分かりやすいポートフォリオを作ることが、有効なアピールになります。まずは、作り方で重視すべき点をランキングで紹介するのでチェックしてみましょう。

ポートフォリオを作る上で重要となるポイントベスト3

no.1

分かりやすいレイアウト、フォントで作る

1位は、分かりやすく作るという点がポイントとなります。ポートフォリオのレイアウトや文字のフォントがごちゃごちゃしてしまうと、面接官の印象も悪くなってしまう可能性もあります。そうならない為にも、分かりやすさを第一としたレイアウトを意識しましょう。また、文字のフォントは統一したほうが圧倒的に綺麗です。

no.2

作品の説明文は入れる

2位となるポイントは、作品の説明文は必ず入れるという点です。なぜ2位になったのかと言うと、分かりやすいレイアウトは第一前提として、作品の紹介もよりポートフォリオの分かりやすさが左右されるからです。

no.3

インパクトのある作品は後半にする

3位は、インパクトのある作品は後半に持っていくことがポイントになります。ポートフォリオは、作風の幅をアピールするためでもありますので、インパクトがある作品は後ろだとより面接官の気を引く事が出来るでしょう。しかし、わかりやすさがポートフォリオは優先されるため、こちらは3位となりました。

写真やイラストをまとめる

デザイン

いわゆるクリエイターといわれる分野で働きたいと考え、就職活動をする場合は、企業に自身が持つ技量をアピールしなければいけません。しかし、履歴書に、これまでの活動を記載したとしても、自身の技量をきちんと把握してもらうことは難しいでしょう。もしも、自身の力をしっかりと企業に知って欲しいのなら、目で見てもらえるポートフォリオの活用をおすすめします。ポートフォリオは、撮影した写真や描いたイラストをまとめたものなので、それを面接時に見せれば、自身の力をしっかりと知ってもらえます。自信作をファイルに収めるだけで簡単に作成できるため、就職活動をしているのなら、さっそく選定を始めてポートフォリオを作り上げましょう。

持っている技術を盛り込む

男女

自身がこれまで作った写真やイラストの中から、ポートフォリオに利用できるものを選定するときは、自身が持っている技術が分かるもの選びましょう。会心の作品で才能をアピールするのもよいですが、企業側がそれを期待しているかどうかは分からないため、自身ができることを伝えるのはとても大切です。ただ、アレもコレもと、たくさんの作品をポートフォリオに入れてしまっては、すべて見てもらうのが難しくなるので、バランスは考えなければいけません。

複数用意しよう

デザイン

一つのポートフォリオの中に、自身が持つすべての技量を詰め込むのが難しい場合もあるはずです。そのときは、ポートフォリオを複数作成して、面接を受ける企業によって、使い分けるのがよいでしょう。面接前に企業のイメージを調べておけば、どのような作品が好まれるのか分かるため、そちらに合わせたポートフォリオの作成をおすすめします。もちろん、イラストは印刷したものでよいため、複数のポートフォリオを作るのはそれほど難しくはないです。

広告募集中