以外に高収入?タクシードライバーに転職する方法!|Hospital Nurse Jobs
HOME>トピックス>以外に高収入?タクシードライバーに転職する方法!

タクシードライバーになるなら

タクシードライバーなどに転職したいと考える方は多いことでしょう。しかし、実際に働いていない限りは、その勤務形態などは謎に包まれていますよね。しかし、タクシードライバーとして働く事で様々なメリットが得られます。まずは、そのほかのドライバー業と比較してみるのがいいでしょう。

タクシードライバーと運転代行ドライバーの違い

タクシードライバー

第二運転免許が必要です。拘束時間が長いため、勤務形態は隔日勤務が基本となっています。基本は、乗ったお客さんの数などの考慮で給与が決まります。

運転代行ドライバー

タクシードライバーと同じく第二種運転免許が必要です。勤務時間は夜から始まるのが殆どです。しかし、タクシードライバーに比べ少し月給が少ないのがネックなところではありますが、深夜に働きたいと希望する人にとってはおすすめの仕事です。

タクシー

休日が多くて収入も良い

休日がタップリあって稼ぎも良いなど、そんな理想的な仕事をお探しなら、タクシードライバーの求人に着目するのがおすすめです。タクシードライバーは一般的に隔日勤務が基本となっており、ことのほか休みの日が多くなっています。それでいて収入も良い傾向にあり、歩合制ということも相まって、頑張った分だけガッツリ稼げるは魅力的な豆知識です。とくに都市部などの利用者が多い地域なら、その分需要があるため、積極的に仕事へ取り組めばかなりの年収が見込めます。

安定して稼ぐ方法もある

タクシーで稼ぐには如何に乗客を探すのかも重要ですが、タクシー会社によっては専用のタクシー乗り場を持っています。指定のタクシー会社しか乗り入れられませんから、慣れないうちはそこを拠点にすることで、比較的安定して利用客を乗せられる訳です。そこで初めてタクシードライバーになるなら、求人を探す際、そのような専用乗り場を使える会社か否かをチェックするのも豆知識になっています。また、慣れてくれば時間帯によって刻々と変わる街の流れが見えてきますから、昼や夜ごとで利用客が集まる場所も徐々に掴める場合が少なくありません。

目的に合った勤務形態を

タクシードライバーの勤務形態は隔日勤務のほか、午前から夕方までの昼日勤務や、夜間から早朝までの夜日勤務などもあります。前者は通常の会社員と同様の働き方なので、子育てや家事と両立できる仕事をお探しの女性なら、この勤務形態が選べる求人を探すと良いでしょう。それに対し、後者は終電を逃した人や長距離客も見込めるのが豆知識のため、高収入を目指す求人探しなら欠かせないポイントです。

広告募集中